村井 公美 Kumi Murai
米粉料理研究家/石川県初の米粉マイスター/
フードコーディネーター/野菜ソムリエ/
小学校・特別支援学校・中学校家庭科・教員免許状/元小学校教師

私は現在、石川県金沢市で、アレルギーっ子ママ達の為の、小麦、卵、乳製品不使用の料理教室を開くため、日々研究中です!

なるべく、質の良いものを使いたくて オーガニックの野菜も自分で育てています。 代替食や対症療法だけでなく 原因療法でも解決できるように していきたいと思っています。

そして そのきっかけとなったのは2人の子供です。

長女18歳は軽度(小麦、卵、乳製品) だったのか小学校中学年で治りました。 小6の長男は重度の小麦アレルギー (小麦、卵、乳製品)が分かってから 本当に大変な日々でした。

離乳食を始めた時 たったの親指ほどのホットケーキを 誤食して、アナフィラキシーショック を起こしてしまい 病院に運ばれた時には 瞼がボクシングで殴られたみたいに パンパンに腫れ、呼吸困難になり 挿管の準備が始まって 皮下注射され何とか一命を取りとめました。 その日から私の不注意でこの子が 命を落としてしまう という恐れと不安の日々がはじまります。
その後、何度かショックを繰り返し 本人もですが、母親の自分の不甲斐なさに 心臓を鷲掴みにされる思いでした。 お腹の中の私の食生活が そんなに悪かったのかと 自分を責めました。
アレルギーを持つ主人を責めました。
それでも、子供は成長していきます。 そんなある日、本屋さんで一冊の 米粉の料理の本に出会いました! ごはんばかりだった毎日の お弁当のメニューに、米粉のパン が加わったことで、レパートリーが増え お弁当づくりに一気に幅が出始めました! 食べ物が制限されてる為、「選ぶ」ことができなかった息子にとって、今日はパンが食べたい!から作ってとリクエストするようになりました。 限られた中でも何でも食べれることの喜び!
私も同じ様に感じてうれしくなりました。 アレルギーっ子を持ちこの生活にも ようやく楽しみを感じ始めました。
いつまでも、自分や人を責めていても何も始まらない!
同じ事を繰り返さない為にこれからどうするかだとやっと気付きました。 私にできること、知ってること、伝えていけたらと思います!

どうぞよろしくお願いいたします。

村井 公美